« 石垣市公設市場 | トップページ | 寝屋川市の桜と桜餅 »

2015年3月16日 (月)

ソーキそばとよもぎそば 石垣島の食旅へ 7

ソーキそばとよもぎそば 石垣島の食旅へ 7

今回の石垣島へのツアーは、阪急トラピックスが募集する格安ツアーでした。私自身は、30年も日通旅行に勤めていながら、他社のツアーに参加して行くことには少し引け目を感じての参加でした。しかし、今回のようなツアーは、残念ながら阪急以外は行っていないのです。阪急トラピックスのツアーに参加したのは初めてで、どのようにしてこのような安い値段を実現しているのか、大変興味がありました。
P13009581
まず、往復利用の便は、往路が全日空の午後便、帰路はJALの午前便です。いずれも那覇経由便です。そのため、第1日目は、18時25分石垣空港着です。その後、石垣鍾乳洞観光となっていました。石垣鍾乳洞のホームページを見ると、営業時間が18時30分までとなっています。18時25分に石垣に着き、18時30分までに鍾乳洞まで行くのは不可能です。どうするのかと思っていると、夕食は、鍾乳洞が経営するレストランになっていました。レストランで夕食をするため、阪急の団体のために鍾乳洞の営業を延長しているのでした。同時にバス3台(約100名)が夕食をするのでしたら、鍾乳洞内の電気を点けてくれるのでした。入場料も、食事込みで安くなっているのだと思います。
P13009501
ホテルは、石垣島中心街にあるビジネス・ホテルに分かれて宿泊するのです。同じバスでも2つのホテルに分かれていました。2日目の夕食は、織物工房に併設されたレストランです。うまくなっていると感心するばかりでした。
P13009621
帰りは、石垣発午前9時でした。那覇空港での乗り継ぎ時間は、2時間ありました。そこで一度、搭乗ゲートの待合室より空港ビルへ出ることにしました。空港ビルへ行けば、レストランもお土産店も多くあります。昼食の時間ともなり、ソーキソバを食べて帰ることにしました。
P13008131
空港ビルの中央に2階から3階へ一気に昇るエスカレーターがあります。4階には、和洋中のレストランやハンバーガーショップなどがあります。4階の琉球村へ入りました。琉球村は、沖縄そばのお店です。私は、ソーキそばを奥さんは、よもぎそばにしました。よもぎは、沖縄ではポプラーな薬味です。そのよもぎ(フーチバー)が、そばの中に練り込まれています。

ソーキそばは、ちょっとソーキの量が少なく、ちょっとがっかりでした。那覇市内の一般的なお店では、かなりの量のソーキが入っています。その骨に残った髄を吸って食べるのがおいしいのです。このお店のソーキは、ちょっと上品な感じで入っていました。よもぎそばも、それほどよもぎを感じさせる味がしなかったです。普段はよもぎもちを食べる機会があり、そのよもぎの味わいを知っていますが、そこまで強い味がしなかったです。

空港2階に並ぶお土産店を巡り奥さんを待つ間、近くのA&Wでルートビアを飲みながら待ちました。

美味しいランチandスイーツ・パン探訪 in 大阪
http://www.greenpicnic.info/

« 石垣市公設市場 | トップページ | 寝屋川市の桜と桜餅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1139515/59286539

この記事へのトラックバック一覧です: ソーキそばとよもぎそば 石垣島の食旅へ 7:

« 石垣市公設市場 | トップページ | 寝屋川市の桜と桜餅 »